セルジュ覚書5

われわれはもはや何も感じなくなる瞬間まで、こんなふうに不滅であると感じるものなのだ。そして、われわれという小さ…


セルジュ覚書4

スーザン・ソンタグは、セルジュの『トゥラエフ事件』について、多くのページをさいている。 彼は収容所群島の作家と…


セルジュ覚書3

気になって、『作家と党派 アメリカにおける文学的ラディカリズムの歴史』と『Writer on the Left…


セルジュ覚書2

スーザン・ソンタグの「消し尽くされぬもの ヴィクトル・セルジュをめぐって」を読んだ。 元は、「The Case…


セルジュ覚書1

わたしはフランス語を解するものは誰もいない町で、自分の息子以外にこの言葉を使って話すこともできない状態にありな…


ヴィクトル・セルジュ著作リスト

ヴィクトル・セルジュ著作リスト  Victle Serge (Victle  Lvovich Kibalchi…


ヴィクトル・セルジュの肖像

ヴィクトル・セルジュ Victle Serge (Victle  Lvovich Kibalchich)189…


6 グローバリゼーション〈革命〉に向けて3

6-5 神の見捨てた地 ジェス・モウリー『ウェイ・パスト・クール』1992 ポーラ・L・ウッズ『エンジェル・シ…


6 グローバリゼーション〈革命〉に向けて2

6-3 歴史をさかのぼる デイヴィッド・ハンドラー『女優志願』1992 フェイ・ケラーマン『慈悲のこころ』19…


6 グローバリゼーション〈革命〉に向けて1

6 グローバリゼーション〈革命〉に向けて 6-1 生まれながらの殺人者たち デイヴィッド・リンジー『悪魔が目を…